藤和ハウスの情報は自宅に居ながら調べられる

抵当権を抹消する方法

女性

債権者の同意が必要

住宅ローンが残っていて、しかも家を売ってもローンが完済できない場合、そのままでは抵当権が残ったままになってしまうので、買い手がつきません。そのような時でも家を売る方法の1つが、任意売却です。任意売却では、債権者の同意を得て抵当権を抹消し、不動産を売りに出す方法です。住宅ローンを延滞しており、そのまま放置していると競売になってしまうので、時間的な猶予はそれほどありませんが、平均すると3ヶ月くらいで不動産が売れる可能性が高いです。通常は、不動産についている抵当権を抹消することは、債権者は同意をしてくれません。しかし、住宅ローンを払えず、そのままでは競売になってしまうという状況ですと、債権者にとっても任意売却をしたほうがローンを回収できる可能性が上がるので、高い確率で同意をしてくれます。競売になると、不動産がかなり安く売られてしまう可能性があり、債権者としては、ローンの全額を回収できないばかりか、その後に自己破産などをされると、残った借金を踏み倒されてしまいます。任意売却は債権者を救済する制度でもあるのです。基本的には、住宅ローンを返済できなくなった人が、任意売却という方法をとることになります。理解のある投資家に家を購入してもらって、その投資家に賃料を払って住み続けるということも場合によっては可能です。相談をするタイミングが早ければ早いほど、とれる方法も増えていくので、なるべく住宅ローンをまだ延滞していないタイミングで弁護士や任意売却の専門業者などに相談をするのが良いでしょう。