藤和ハウスの情報は自宅に居ながら調べられる

早く売却したい場合に有利

Real estate

瑕疵担保責任免除にも注目

何らかの事情があって土地や住宅などの不動産を売却する際には、通常であれば不動産仲介業者を利用して買い手を募ることになります。こうした仲介による売却方法では不動産が必ず売れるとは限らず、買い手が見つかって交渉が成立するまでに何ヶ月もかかる例が少なくありません。相続などの事情があって不動産を早急に現金化したい場合には不向きな仲介方式に代わり、最近では不動産業者が買い手となる不動産買取が注目を集めています。仲介のケースでは不動産業者は買い手との交渉の仲立ち役に過ぎませんが、不動産買取は業者自身が不動産を直接買い取るため売却が早く成立します。通常は売却までの期間が数ヶ月から半年またはそれ以上費やすと予想されるのに対して、不動産買取では早ければ数日で売却できる事例もあるのです。これに加えて仲介の場合、売却から一定期間内に発見された物件の不具合を売り手側が修繕しなければならないという義務を負います。これを瑕疵担保責任と呼びますが、不動産買取ではこのような義務が免除されるという点でも仲介と比べて有利な点です。この他にも不動産買取を利用すれば募集広告や購入希望者の内覧なども不要なため、プライベートを維持したまま物件を売却できます。一般的に築年数の古い住宅物件ほど不動産買取に向いていると言われ、仲介ではなかなか買い手が見つからないような物件でも不動産業者が買い取ってくれるものです。業者の側ではリフォーム費用などを差し引いて査定額を算出しているため売却金額は仲介方式より安くなりますが、一括査定サービスなどを利用して最適な売却額を見つける方法もあります。以上のような理由から住宅や土地を売却する人の間で不動産買取利用の動きが広がっており、不動産の売却方法も様変わりしつつあります。一定期間の売却活動で買い手が見つからなかった場合に、事前の設定価格で業者に買い取ってもらう買取保証も選択肢の1つです。